高級感が素晴らしい「HUAWEI Mate 10 Pro」チタニウムグレー着弾 & 開封の儀

Mate 10 Pro スマホレビュー

HUAWEI Mate 10 Proを購入したと、以前この記事の中で紹介しましたが、遂に到着したのでその報告と開封の儀を行いたいと思います。

Kirin970搭載スマホをまとめ& Huaweiのフラッグシップスマホのベストを考える
筆者は現在「honor 9」というHuaweiスマホを使っています。国内市場では10月に登場したばかりでまだまだ新しいスマートフォンなのですが、Mate 10 Proが登場したのを見ていると、新しい世代となるKirin970を搭載したスマホ...
スポンサーリンク

購入先

今回HUAWEI Mate 10 ProをAmazonで購入しました。購入の決め手はやはり値段。他店で購入すると9万円超えの中でAmazonはポイント還元等ないためか、単体で86,916円、OCNモバイルのSIMパッケージがセット(契約不要)で86,184円と安くなっていたのでこちらで買ってみました。

開封の儀

Mate 10 Pro
パッケージは黒に金色でHUAWEI Mate 10 Proと書かれた高級感のあるパッケージ。下の方にはLeicaのロゴが入っています。
Mate 10 Pro
背面は認証マークなどが入っており割とシンプル。IMEIなどは側面に書かれています。
Mate 10 Pro
パッケージを開けるとMate 10 Pro本体と対面。このあたりはMate SやP9などでも同じでしたね。
Mate 10 Pro
その下には付属品類が収められています。
Mate 10 Pro
付属品はイヤホン、USB Type-C to 3.5mmジャックの変換ケーブル、充電器とケーブル、クイックスタートガイドとSIMピン、TPUタイプのケースとなっています。

開封直後の本体

Mate 10 Pro
前面には何も貼られていない様に見えますが、保護フィルムが既に貼付け済み。
Mate 10 Pro
寸法や貼り付け状態は非常に良いのですが、あくまで納品までの製品保護が目的でフィルムに傷が付いていても保証の対象外となっている様です。
しかも指の滑りがあまり良くないので剥がして利用するか、新たにガラスフィルムなどを購入してそれが届くまでのつなぎとして使用したほうが良さそうです。
Mate 10 Pro
背面にはSIMの挿入の仕方が書かれたフィルムが貼られており、こちらは剥がすことが前提となっています。

高級感が堪らない

開封した時からパッケージの高級感が素晴らしく、更に本体自体もハイクオリティなので満足度は高め。これから使用してみてのレビューをお届けしたいと思います。

Huawei通信の管理人です。

コメント