Kirin970搭載スマホをまとめ& Huaweiのフラッグシップスマホのベストを考える

Mate 10 Pro 考察

筆者は現在「honor 9」というHuaweiスマホを使っています。国内市場では10月に登場したばかりでまだまだ新しいスマートフォンなのですが、Mate 10 Proが登場したのを見ていると、新しい世代となるKirin970を搭載したスマホが気になってくる今日この頃であったりします。

この記事ではKirin970搭載スマホをまとめつつ、どれがオススメか見て行きたいと思います。

スポンサーリンク

Mate 10

Mate 10
意外と安く買えるのがMate 10。海外のSIMフリースマートフォンを取り扱うEXPANSYSでは71,360円、1Shopmobileだと609ドル(約68045円)で購入可能。税金や送料などがあるのでこの金額よりは少し高くなってしまいますが、国内で販売されているMate 10 Proよりも2万円近く購入することが可能です。

HUAWEI Mate 10 ProとMate 10は何が違うの?Proは果たして上位機種?
10月16日Huaweiは、フラッグシップスマートフォン「HUAWEI Mate 10/Mate 10 Pro」を発表しました。この記事では国内投入されることが決定しているMate 10 ProがProの名にふさわしいのか見ていきたいと思い...

Mate 10 Pro

現在国内で販売されているKirin970スマホといえばこれ。Amazonなどでは約8万8000円で販売されており、高額なスマホになりますが性能はもちろん、購入から90日以内の画面破損は無償修理してくれるVIPサービスも健在。お金を払う価値は十分にありますね。

Honor V10/Honor View 10

Honor v10
対応周波数は少ないもののとにかく安くKirin970の性能を試したいという方はHonor V10やHonor View 10はかなりおすすめ。防水やライカの監修などはなくMate 10シリーズと比べると見劣りしますがliaowでは499ドル(約55754円)で購入可能。ちなみにnova 2sはV10と似た外観で背面がガラスパネルSoCが一世代前のKirin960のスマホです。

次期Pシリーズ

HUAWEI P20
HUAWEI P11/P20とも噂される次期HuaweiのPシリーズにも例年の流れで行くと、Kirin970が搭載される可能性は大。トリプルカメラを搭載するとも噂されており、非常に楽しみではありますが、P10が6月ころに国内で登場したので、まだ発売までは時間がありそうです。

筆者はMate 10 Proを買いました

筆者は上記の4つの選択肢で悩み抜いた末、とりあえずMate 10 Proを購入してみました。やっぱり周波数の対応やサポートを考えるとMate 10 Proが国内で使うならベストなんじゃないかと思いますね。

Huawei通信の管理人です。

コメント