【2017年Huawei通信ベストバイ企画】ベストバイ製品は間違いなく「HUAWEI Mate10 Pro」だと思う理由!

Mate 10 Pro 未分類

どうも、Huawei通信をお読みの皆様初めましてちぇほん(@chehonz201)でございます。私は、モバイルトットコムというそれはそれは小さなブログを書いています。今回はご縁がありHuawei通信さんで初めて寄稿という形で2017年Huaweiベストバイガジェットをお届けしたいと思います。不慣れな部分もありますが、どうぞ最後までお付き合い頂けると嬉しい限りでございます。

スポンサーリンク

今年を振り返って

さて、皆さん今年1年間はどんなスマートフォンやタブレットを購入しましたか?私自身2017年は、様々なメーカーのスマホやタブを購入しました。今回、Huawei通信さんでベストバイガジェットを書くことが決まってから1年間で購入した製品を振り返ってみました。そこであることに気が付きました。今年1年間で購入したスマホ&タブのおよそ半分はHuaweiスマホ&タブでした。

私自身、基本欲しくなった製品のみ追いかけて購入していますが、今年のHuawei製品は本当にどのスマートフォンもタブレットも良く出来ていたように感じます。その結果、1年間で購入したスマホ&タブで半分がHUAWEI製品になっていました。「今年のファーウェイは強い!」そんな年でした。

ちなみに、2017年に購入したHUAWEI製品のスマートフォン&タブレットは下記の通りです。

▼今年最初に購入したファーウェイ製品は、HUAWEI novaでした。ミッドレンジモデルでしたが、サクサク動いてコンパクトで使いやすい素晴らしいスマホでした。

『HUAWEI nova』を購入開封外観レビュー!-コンパクトなのにパワフル&メタルボディに曲線デザインで圧巻の使いやすさ
本日、期待の新型SIMフリースマートフォン「HUAWEI nova」が発売されました。早速、「HUAWEI nova」購入開封レビューをお伝えしたいと思います。 「HUAWEI nova」は、約5.0インチSnapdragon 625搭載でデザインが特徴的でメタルのボディにコンパクトな曲線デザインを採用しており非常に持...

▼次に購入したのは、Huawei P9の後継機Huawei P10でした。凄く期待して購入しましたが、個人的にはHuawei P9の方が好きでした。

Huawei P10を購入開封レビュー!最大の進化点は妥協のないカメラに、圧巻の使い心地
海外版HUAWEI P10を購入開封レビューします。第2世代Leicaダブルレンズを搭載し、RAM4GBも採用されさらに完成されたスマートフォンに!今年の大注目SIMフリースマートフォンで間違いなし!

▼その次はHuawei P10 liteでした。今年このスマホ以上にコスパ最強スマホと呼ばれるスマートフォンはないはずです。価格と言い、性能と言い本当にバランスの良いスマホだと思いました。

コスパ最強スマホ『Huawei P10 lite』を購入開封レビュー!圧巻のサクサク動作&デザインの美しさは魅力的【写真18枚記載】
ファーウェイ、最新Huawei P10 liteを開封から外観レビューまでをお届けします。Huawei P10 liteは、先日国内版の発売が開始されました。Huawei P10 liteの本体価格は、約29,000円で販売が開始されています。デザイン、操作パフォーマンス、サクサク感は、3万円以下のスマートフォンとは思...

▼ちょっとした話題にもなったeSIM対応タブレットd-01J。M3と比較されることも良くありましたが、ドコモから出た格安タブレットとしては大成功の一台ではないでしょうか?

ドコモ「dtab Compact d-01J」を実機レビュー!dtab史上最高の出来栄え、初の指紋認証搭載でより使いやすく【写真15枚記載】
ドコモの2017年夏モデル「dtab Compact d-01J」を実機レビューしていきます。「dtab Compact d-01J」は、8.4インチ大画面WQXGA(1600×2560)ディスプレイを搭載しており、dtabシリーズでは、初となる指紋認証にも対応

▼何故か、Huawei Mate10発表1ヶ月前に購入したHuawei Mate9。ずっと欲しかった一台をようやく購入出来た嬉しさと言ったらそりゃもう最高でした。一年前に発売されたスマホですが、カメラが綺麗で使いやすくて相変わらず素晴らしい一台です。

洗練された美しさ「Huawei Mate 9 ブラック」Leicaダブルレンズカメラ搭載スマホ購入開封レビュー!
ライカダブルレンズ搭載スマホ「Huawei Mate 9」ブラックを購入レビューします!Huawei Mate 9は、当初2色展開でした。その後、カラーラインナップにブラックが追加され注目を集めていました。実際に購入して感じたのは、素晴らしいブラックの色合いです。洗練されたHuawei Mate 9に漆黒のブラックはま...

▼そして、今年購入した最後の一台。Huawei Mate10 Pro。いやー年の瀬に最高の一台を放り込んで来てくれたファーウェイに感謝。

最新「Huawei Mate10 Pro」を開封外観レビュー!【写真28枚記載】
ファーウェイの最新フラッグシップモデル「Huawei Mate10 Pro」開封外観レビューをお届けします。本日2017年12月01日が、国内版Huawei Mate10 Proの発売日です。海外ではすでに発売が開始されている地域もありますが、いよいよ日本でもHuawei Mate10 Proの発売が開始されました。 ...

これ以外にも実機を触っている機種は、沢山ありますが、実際に購入に至ったのは上記6機種です。今回は、この中で最も良かった機種をHUAWEIベストバイとしてお届けします。

個人的に、2017年HUAWEIベストバイ製品はやっぱりどう考えてもHUAWEI Mate10 Pro一択でした。どれだけ考えてもこの一台が思い浮かびます。そもそもMate10 Proの発売が1年の終わりの時期になったこともあり、今年で1番良い機種であることはある意味当然というか、ある程度決まってきます。ただ、Mate10 Proは想像を超えて良いスマートフォンでした!

Huawei Mate10 Proのココが良かったベストバイの3つの理由

大画面なのにコンパクト、圧巻のバッテリー持ち

Mate 10 Pro
Huawei Mate10 Proで個人的に良かったのが、大画面なのにコンパクトで見やすい画面、有機ELで非常に綺麗なディスプレイ、15:9比ディスプレイでコンパクト、それでいてバッテリー持ちも良いので本当に満足度高いです。驚いたのは、バッテリー持ちの良さです。Mate9も非常に良いスマホでしたが、バッテリー持ちは良くありませんでした。そこをきっちりMate10 Proで修正してきたのは評価して良いのではないでしょうか?今年のトレンドを全部盛り込んだMate10 Proはそんなスマートフォンでしたね。

やっぱりLeicaダブルレンズ搭載カメラは最高

Mate 10 Pro
私は、あくまでカメラ素人です。それでも分かるMate10 Proのライカダブルレンズは本当に綺麗な写真を撮れる。今回は、2000万画素モノクロセンサーと1200万画素RGBセンサー構成のライカダブルレンズ仕様になっており、さらには光学手振れ補正機能やスマートフォンで初のAI機能も盛り込まれたカメラとなっています。Mate10 ProはMate9の良いところはそのままに引き継ぎ、さらに進化したLeicaダブルレンズを搭載しているので、やっぱり写真が綺麗です。素人にも体感出来るカメラの綺麗さで、手軽にお洒落な写真が撮影可能となっています。Mate10 Proは、写真を撮りたいと感じさせてくれるスマートフォンです。

IP67防水防塵対応、保証付きには驚いた

Mate 10 Pro
今年のファーウェイは、攻めの姿勢という印象が特に強いです。そう感じたのは日本市場を意識したIP67防水防塵対応と画面割れ無料交換保証付きという点です。すでに国内SIMフリーでも有名になりつつあるASUSは、未だに防水防塵対応しているスマートフォンを国内で販売していません。(私調べ。)そんな中ファーウェイは、Mate10 Proこのタイミングで発売して日本市場を取りたいという思いが伝わってきますね。やっぱり防水防塵対応はありがたいという方も多いのではないでしょうか?

最後に・・・

Mate 10 Pro
以上の理由で、2017年HUAWEI製品ベストバイはHUAWEI Mate10 Proです!個人的に、ファーウェイ製品の中で頭一つ抜けて良い機種でした。某元り○ほさんが購入していたので、ノリと勢いだけで購入したというのは、ここだけの話ですが、本当に購入して良かったと感じています。間違いなく今年購入して後悔しない一台です。もちろん、これ以外にも本当に良い製品ばかりのファーウェイでした。幅広いニーズがあるファーウェイのSIMフリースマートフォン、来年もファーウェイが発売するスマートフォンやタブレットを引き続き見逃せません。

そして、最後に一つだけ言わせて下さい。

HUAWEI Mate10 Pro最高ツツツツツツツ!!!!

どうも最後までお読み頂きありがとうございました。

コメント