HUAWEI Mate 10 ProとMate 10は何が違うの?Proは果たして上位機種?

Mate 10 考察

10月16日Huaweiは、フラッグシップスマートフォン「HUAWEI Mate 10/Mate 10 Pro」を発表しました。この記事では国内投入されることが決定しているMate 10 ProがProの名にふさわしいのか見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

Mate 10 Mate 10 Pro
OS Android™ 8.0 Oreo / EMUI 8
SoC HUAWEI Kirin 970
Octa-core CPU/ NPU
ディスプレイ 5.9インチ(2560 x 1440)16:9
LCD HUAWEI FullView Display
6.0インチ(2160 x 1080)18:9
有機EL HUAWEI FullView Display
RAM 4GB 4/6GB
内部ストレージ 64GB(Micro SD対応) 64GB/128GB
アウトカメラ/インカメラ 20MP Monochrome + 12MP RGB, f/1.6, 光学式手ぶれ補正
バッテリー 4,000mAh
GPS GPS/Glonass/BDS
LTE/th>

FDD-LTE: Band 1/2/3/4/5/6/7/8/9/12/17/18/19/20/26/28
TD-LTE: Band 34/38/39/40
FDD-LTE: Band 1/2/3/4/5/6/7/8/9/12/17/18/19/20/26/28/32
TD-LTE: Band 34/38/39/40
ネットワーク Wi-Fi 2.4G/5G, 802.11a/b/g/n/ac
BT4.2, support BLE
Support aptX/aptX HD and LDAC HD Audio
サイズ・重量 150.5 x 77.8 x 8.2mm、186g 154.2 x 74.5 x 7.9mm、178g
カラー Mocha Brown/Black/Champagne Gold Midnight Blue/Titanium Grey/Mocha Brown
その他 指紋センサー(前面), DSDS対応(LTE両対応) 指紋センサー(背面)
DSDS対応(LTE両対応), イヤホンジャックなし

チェックポイント

画面サイズとアスペクト比

Mate 10
ディスプレイの解像度とアスペクト比は異なっており、Mate 10が5.9インチ(2560 x 1440)で16:9のLCD、Mate 10 Proは6.0インチ(2160 x 1080)の18:9でppiはMate 10の方が高く高精細ですね。Mate 10 Proも十分高精細なので、解像度に関しては気にする必要はあまりないかもしれません。むしろMate 10 Proのバッテリー持ちが良い可能性もありますね。

Mate 10 Proは従来のものと異なり、LG G6やGalaxy S8の様に縦長ディスプレイになっているので、使ってみた印象は変わるかもしれませんね。

本体サイズ

Mate 10
Mate 10が150.5 x 77.8 x 8.2mmで186g、Mate 10 Proは154.2 x 74.5 x 7.9mm、178g。縦の長さはMate 10の方が短いですが、横幅薄さ重量はMate 10 Proの方が小さめ。持ちやすさはMate 10 Proに軍配が上がるかもしれません。

指紋センサー

Mate 10
指紋センサーもこの2機種で位置が違います。Mate 10は前面、Mate 10 Proは背面に。公式サイトを見る限り、Mate 10のボタンはナビキーとしても使えるほかソフトウェア表示もできるP10の様なタイプでは無いかと思われます。

前面に指紋センサーがある利点としては机の上に置いた状態でロック解除出来るという利点があり、背面であれば持ったその流れでロック解除出来、P10などよりも画面が大きいのでこのあたりは実際に使用してみるまでわからなさそうですね。

イヤホンジャックの有無

Mate 10はイヤホンジャックあり、Mate 10 Proは遂にイヤホンジャックが廃止されました。USB-C to 3.5 mm Headphone Jack Adapterが付属するので有線イヤホンも使用できますが、iPhoneやHTC U11の様に変換ケーブルを持ち歩く必要がある点にも注意ですね。

MicroSD対応非対応

どちらもシングルSIMモデルとデュアルSIMモデルが存在しますが、Micro SDへの対応をしているのはMate 10のみの模様(但し排他仕様)。
デュアルSIMで使う人にとっては問題ないかもしれませんが、より大きなストレージを求める人や前のスマホとのデータの移動をMicroSDで行ったりしてる人にとってはMicroSD非対応のMate 10 Proは辛いかもしれません。

防水性能の差

Mate 10
Mate 10 Proはイヤホンジャックが無いためかiPhone 8と同等のIP67、Mate 10はIP53の防水防塵に対応。
IP67
上記の表の様になっており、IP67規格の防水防塵に対応しているMate 10 Proの方が上位になっています。

http://www.nissinsan.jp/FAQ/faq1-4.htmlhttp://www.nissinsan.jp/FAQ/faq1-4.html

さああなたはどちらが好み?

基本スペックやカメラには大きな差はなく、違いは外観と指紋センサーの位置、防水など細部のスペック差になります。ただ細かな差が普段の使用に大きな影響を及ぼすところがありその点はしっかり見極めたい所。

国内で販売されるのが決定しているのはMate 10 Proのみですが、Mate 10も国内で使える周波数に対応している部分もある(技適があるとは言ってない)ので購入する際は上記であげた様なポイントを見ていくと良いかもしれません。


こんなアンケートをTwitterでやっているので、気が向いたら投票と拡散お願いします。

Huawei通信の管理人です。

コメント