質感最高!コスパかなり高めで購入候補に入れておきたい「HUAWEI P10 lite」レビュー

スポンサーリンク

HUAWEI P10 lite
HUAWEI P10 liteを購入してから約1週間程度が経過したので、性能などの細かな点や今から購入するのはありなのかといった所を見ていきたいと思います。

外観

HUAWEI P10 lite
ガラスパネルで質感はハイエンドスマートフォン並みに高め。
HUAWEI P10 lite
ディスプレイ部分もベゼルギリギリまであり、この辺りのクオリティも高くなっています。

ブラックの輝きが麗しい「HUAWEI P10 lite」外観レビュー
ブラックの輝きが麗しい「HUAWEI P10 lite」外観レビュー
先日購入し開封の儀を行ったHUAWEI P10 lite、この記事では外観レビューしたいと思います。 外観 購入したのはミッドナ...

性能

HUAWEI p10 lite
Antutu Benchmarkのスコアは約56000点、Geekbenchでのスコアは約3300点と非常に高いわけではありませんが、TwitterなどのSNSを使ったり、マップやブラウジングをする程度であれば何不自由なく使用することのできるスコアですね。
実際にそういった用途で使ってみましたが、ハイエンド機種と使い比べてもストレスを感じる程、動作に差は感じませんでした。

カメラ

P10 lite
たくさんのものを撮影したりしたわけではないので簡単な感想程度に留めておきますが、軽く使った印象としてはミッドレンジ機としては十分なくらい精細感のある写真が撮影できていると思いましたね。
P10 lite
モノクロセンサーを搭載していないため、P9やP10の様にモノクロ撮影のモードはないものの、プロモードやHDR撮影、ナイスフードモードなど様々なカメラモードがあるのでこのあたりは上位機種から引き継がれている良さですね。

ディスプレイ

HUAWEI P10 lite
最近では低価格帯のスマートフォンでも当たり前になってきたフルHDディスプレイですが、P10 liteも IPS方式(in-cell)のものを採用しており非常に綺麗ですね。液晶の品質はかなり良く動画やゲームなどを楽しめると思います。

指紋センサー

HUAWEI P10 lite
指紋センサーの認証速度や精度は、さすがHuaweiのスマホといったところで速さも精度も良く、少々手汗に濡れていても認識してくれるので非常に使いやすいです。

バッテリー持ち

P10 lite
バッテリー持ちに関しては使い方によって変化するため一概には言えませんが、画面ロック時に不必要なアプリを終了させる機能が備わっているため、スリープ時の消費は少なく使用頻度の少なければ2日は余裕で使えるでしょう。モバイルデータ通信の常時接続機能をOFFにしたり、省電力モードにしておくと更に伸ばすことはできると思います。

P10 liteの設定し終わった?意外と忘れやすいHuaweiスマホの細かな設定ポイントを紹介
P10 liteの設定し終わった?意外と忘れやすいHuaweiスマホの細かな設定ポイントを紹介
今回はHUAWEI P10 liteを例に、Android7.0&EMUI5.0を搭載したHuaweiスマホで、以外とし忘れている設定ポ...

音質

特別なにかDACを搭載してるわけではないためスピーカーとイヤホン品質に関しては可もなく不可もなく、普通のスマートフォン並の音質ですね。

とりあえず購入候補にはすべき

P10 liteは外観の質感のクオリティは非常に高くて性能面などもそこそこ良く、2万円後半といった価格で販売されているのはかなりお買い得なスマホだと思いますね。もちろんHuaweiスマホの中では上位機種であるP10やMate 9、honor 9といった良いスマホもありますが、P10 liteもそういった機種と比べても見逃せない製品だと筆者は考えています。

Huawei通信の管理人です。
スポンサーリンク

シェアする