【今年のベストバイガジェット 2016】美しすぎて惚れてしまうデザインのHuaweiスマホ

シェアする

スポンサーリンク
DSC02882

この記事は、GeekDays様が主催した「今年のベストバイガジェット Advent Calendar 2016」という企画に参加しての記事になります。去年に引き続き(ブログは違いますが)今年も参加させて頂くことができ、感謝しています。

今年を振り返って

Huawei P9 Plus

早速今年を振り返ってなのですが、Huaweiの国内販売された製品が最も充実した一年だったのではないかと思いますね。GR5などミッドレンジ製品を始めとして、P9といったフラッグシップスマートフォン、Windows 10を搭載した2in1タブレットのMateBook、そして発売されないだろうと思われていたhonor 8などが販売されました。

海外でも高品質なミッドレンジ帯となるNovaシリーズが投入されるなど注目すべき点が多かったですね。
(管理人が2016年に購入したガジェットを見たい方はこちらへ)

今年のベストバイはHUAWEI Mate S

DSC03193

2016年はHuaweiだけに限らず色々なメーカーの製品に触れてきましたが、その中でも2月に購入したHUAWEI Mate Sが一番良かった製品ですね。

実はどのガジェットをベストバイにするかずっと悩んでいました。恐らく皆さんがベストバイと想定したであろうHUAWEI P9は素晴らしいデバイスですし、honor 8やiPhone 7もベストバイになってもおかしくない製品でした。

選んだ理由それはデザイン

DSC02967_edited

では何故Mate Sなのか。今年購入したスマホの中では、性能もそこそこです。Felicaもありません

毎年新しい製品が発表され製品のデザインも移り変わってスペックアップし、それに伴ってデザインも変わります(2年に一回のものもありますが)。Mate Sは今年購入した中でも個人的にデザインが一番気に入ったスマートフォンで、あわよくば最新のスペックを積んでもう一度発売してほしいと思えたからこそベストバイにチョイスしました。

前面は2.5Dガラス、背面はアルミボディと最近のスマートフォンにありがちな筐体の素材を採用していますが、その加工の仕方や、デザインの仕方は素晴らしくカメラや指紋センサーの位置、恐らく電波を通すために入っているラインもバランスがとれており、今でもそのデザインに飽きることはありません。

DSC02915

箱の質感も高く、ファーストコンタクトも良かったのもベストバイにチョイスした点になります。

明日はあーるさんの担当になります。いったいどんなガジェットが飛び出してくるのか楽しみですね。

Huawei通信の管理人です。

スポンサーリンク

シェアする