【2017年版】Huawei製品の修理費用は幾ら?Mate 9などのディスプレイ交換の費用を確認

スポンサーリンク
13

以前Huawei製品の修理費用についてまとめましたが、新たにHUAWEI Mate 9やP9などの製品が登場し情報が古くなってきたので、2017年版のHuawei製品の修理費用を概算してみた記事を作成してみました。

Mate 9やP9、MediaPad M3など、割りと新し目の製品をメインに修理費用をまとめてみました。 

修理できるところ

一年前とは状況が大きく変わり、Huawei製品を修理できる場所や方法が増えました。方法は大きく分けて宅配修理持ち込み修理サポートカウンター修理受付の3つになります。

宅配修理

宅配修理は文字通り、電話やメール、チャット、Webサイトから修理を依頼し、宅配で修理する製品をやりとりする方法になります。

持ち込み修理

持ち込み修理はファーウェイ・カスタマーサービスセンター 銀座店または梅田店に故障した製品を持ち込み、修理開始から30分~1時間程度で修理完了(状況によりこの通りでない場合もあります)するサービス。銀座や梅田の店舗に出向くことができるなら、こちらの修理サービスを利用したほうが良いでしょう。
カスタマーサービスセンターについて

サポートカウンター修理受付

こちらはワイモバイルショップで修理を受け付けてもらえるサービス。修理に3~4営業日掛かるものの、代替機のお貸出サービスもあるとのこと(スマートフォンの修理お申込時のみ。)

修理費用をチェック

Mate 9の場合

修理項目 ディスプレイ交換  メイン基盤交換 カメラ交換 リアケース交換 全損交換
料金(税抜き) 19,500円 43,000円 10,800円 13,000円 60,800円

P9の場合

修理項目 ディスプレイ交換  メイン基盤交換 カメラ交換 リアケース交換 全損交換
料金(税抜き) 16,000円 40,000円 10,000円 12,000円 60,000円

MediaPad M3 32GBの場合

44

修理項目 ディスプレイ交換  メイン基盤交換 カメラ交換 リアケース交換 全損交換
料金(税抜き) 16,000円 31,000円 6,500円 10,000円 37,800円

honor 8の場合

25

修理項目 ディスプレイ交換  メイン基盤交換 カメラ交換 リアケース交換 全損交換
料金(税抜き) 15,100円 23,000円 10,500円 7,500円 39,000円

HUAWEI novaの場合

50

修理項目 ディスプレイ交換  メイン基盤交換 カメラ交換 リアケース交換 全損交換
料金(税抜き) 11,500円 27,500円 7,000円 10,000円 37,980円

nova liteの場合

55

修理項目 ディスプレイ交換  メイン基盤交換 カメラ交換 リアケース交換 全損交換
料金(税抜き) 10,500円 17,000円 6,500円 6,600円 21,980円

4機種共通

修理項目 電池パック
(内蔵電池除く) 
ACアダプター USBケーブル イヤホン SIM/SDトレイ フィルム
料金(税抜き) 2,000円 2,000円 1,500円 2,500円 800円 1,500円

一年前と変わった点としては、電池パックを内蔵しているスマートフォンの交換費用が明記されなくなった点と、ACアダプターが2000円、USBケーブルが1500円など付属品の項目が半額近く値下がりした点ですね。

修理しても良い項目がある

基本的にディスプレイ割れやリアケース交換、カメラ交換程度の故障であれば、修理に出しても良いような値段設定になっており割りとユーザーにとっては嬉しいのではないでしょうか。

ただし、全損交換やメインの基盤交換の故障の場合は発売日から時間が経過した製品の場合、同製品の新品の値段が値下がりしていることもあるので、修理に出すかどうかはよく検討してから行ったほうが良さそうですね。

Source:Huawei

Huawei通信の管理人です。
スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. P10気になるマン より:

    記事タイトルの「バッテリー交換の費用」は一体どこに…?

    • 管理人 より:

      ご指摘ありがとう御座います。修理費用の概算を確認するサイトでは、電池パックとしか書かれておらず、実際に交換したときの費用がわからないためタイトルから一時的に「バッテリー」の文字を消させて頂きました。
      またバッテリーの交換費用が確認できましたら、追記します。