Ascend G620Sは今でも「買い」な端末なのか?実機レビュー、Huawei通信初の寄稿記事!

スポンサーリンク
SIMフリースマートフォンの需要が高まる中、メインストリームとなる3万円台の価格帯よりも更に安い1万円台の端末が注目を集めています。
IMG_20160203_014055
その中でも1万円台前半となるHUAWEIのAscend G620Sは実用できる機種なのかを簡単なレビューとともに考察していきます。

スペックについて

OS Android™ 4.4 Kit Kat / Emotion UI 2.3
CPU Qualcomm Snapdragon410 MSM8916 クアッドコア1.2GHz
RAM 1GB
ROM(内部ストレージ) 8GB
ディスプレイ 5.0インチ 1280×720
アウトカメラ/インカメラ 800万画素/200万画素
バッテリー容量 2000mAh
サイズ・重量 142.9×72.1×8.5mm、160g
LTE対応Band FDD-LTE: B1/3/5/7/19

スペックは、Snapdragon410、1GBのRAMと8GBのストレージと微妙な感じではあるものの、価格から考えると悪くはないスペックです。さらに、HD解像度のディスプレーを搭載している点はこの価格帯の端末において大きなアドバンテージとなっており、他の追随を許さない価格以上のスペックとなっています。

Ascend G620Sの詳細なスペックはこちら

付属品など

IMG_20160203_014548
付属品もしっかりとしており、ACアダプターやUSBケーブルはもちろん、マイク付きのイヤホンまで付属している点は非常に親切に感じられます。添付されている説明書も、各種アプリケーションの操作方法などを図説とともに書かれているため初心者でも安心して使えそうに思えました。

本体のデザイン

IMG_20160201_025621
IMG_20160201_025413
本体もそこまでチープな外観ではありません。革製品を彷彿とさせるボコボコと凹凸のついたバックカバーはプラスチック感全開の他製品と比べて汚れ等も目立たず所有する悦びをさらに高めてくれます。贅沢を言うと、ホームキーなどの画面下の各種キーにはバックライトが欲しいと感じました。

ソフトウェア

AndroidをカスタマイズしたEMUIを搭載

image
外観のみならず、ソフトウェアもHUAWEIのこだわりが詰まっています。HUAWEI独自のユーザーインターフェイス「EMUI」を搭載しており、素のAndroidとは一味違った操作感に違和感を感じてしまうかもしれませんが慣れると非常に快適です。

ホーム画面

image

例えばスマートフォンを使うにおいて必要不可欠なホーム画面。EMUIではドロワー(アプリケーション一覧)を省き、ホーム画面にインストールされたアプリケーションやショートカット、ウィジェットが並ぶという仕様となっています。他社製品の模倣ではないかという意見もよく見られますが、「それ」以上の使い易さを実現しているので問題ないかなと思います。
image
一般的なホーム画面では操作が難しい初心者向けのモードも用意されてます。ただ大きなアイコンを並べるだけではなく、カレンダーには次の予定が書かれているなどAndroidのウィジェット的な機能も持ち合わせており、アプリをそこまで入れない人にとっては案外こちらでもいいかもしれません。

お掃除アプリ不要、端末マネージャー搭載

image

その他にもEMUIの機能はたくさんあります。個人的に評価が高いのは「端末マネージャー」というアプリ。Androidのアプリストアによくある「タスクマネージャー」や「キャッシュクリーナー」などといったユーティリティ系のアプリケーションの機能が最初から搭載されている上に、最適化というボタンをタップするだけで自動で処理ができる手軽さが非常に便利です。

ファイアウォール機能も搭載

image
他の機種にはなかなか見られない、ファイアウォールのような機能もありますので、やむを得ず変なアプリを使わなければならないようなときや通信量が多いアプリの通信を制御できるなどと非常に高機能なのが素晴らしいポイントです。

総括

image
端末の性能はそれほど高くありません。少し負荷がかかるとスクロールの追従性や滑らかさが目に見えてわかるほど落ちますし、ゲーム等も設定で軽負荷にしてもあまり快適に動かないものもありました。

しかしながら、一万円台で購入できるスマートフォンと考えるとあまり問題を感じません。むしろ安くさえ感じます。同価格帯のSIMフリースマートフォンを実際に使ったことがあるのですが、Ascend G620Sよりも画面解像度も低くタッチパネルの感度やマルチタッチ性能、処理スピードや電池の持ちなどどの点で比べてもこの端末より劣っているように感じました。

過度な期待をせずに、一万円台のスマートフォンとして考えるならAscend G620Sは非常におすすめできる端末です。

Author:こにこす(@syuma0916) 

Huawei SIMフリースマートフォン Ascend G620S(ブラック)(LTE対応) G620S-L02/BK

Ascend Mate7を買って以来HUAWEIの端末デザインや、斬新な機能達に感動しファンになりました。これまで買ったHUAWEI端末は数知れず。アイコン画像は実際に所持していた端末の画像です。
スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. k より:

    私はFMラジオのapkがありませんでした。
    FMラジオのアプリのapkをください。
    よろしくお願いします。
    k1017_1@yahoo.co.jp