Huawei Japan、旭化成のオーディオチップを搭載したタブレット「MediaPad M3」を遂に国内発表

未分類
MediaPad

HuaweiはIFA2016にて、2Kディスプレイを搭載した8.4インチタブレット「MediaPad M3」を発表しました。旭化成のオーディオチップを搭載したり、harman/kardonのオーディオ技術も採用されており、エンターテイメント機能が強化されています。

12月16日より販売開始予定で、最安のモデルで34,530円(税込み)からの販売となっています。 

スペック

OS Android™ 6.0 / Emotion UI 4.1
CPU Huawei HiSilicon Kirin950 octa-core processor (4 x A72@2.3 GHz + 4 x A53@1.8 GHz)
RAM 4 GB LPDDR4
ROM(内部ストレージ) 64 GB (High spec); 32 GB (Standard)
ディスプレイ 8.4inch( 2560 x 1600) IPS 359ppi
アウトカメラ 800万画素
インカメラ 800万画素
バッテリー容量 5100 mAh
サイズ・重量 215.5 x 124.2 x 7.3 (mm)
カラー Gold, Silver
LTE対応Band
DAC 旭化成製 AK4376
その他 指紋認証、nanoSIM、デュアルスピーカー、Wi-Fi: IEEE 802.11a/b/g/n/ac at 2.4 GHz & 5 GHz

MediaPad M3の価格

  • Wi-Fiモデル(シルバー):34530円(税込み)
  • Wi-Fi+LTEモデル(シルバー):40820円(税込み)
  • プレミアムモデル(ゴールド):46220円(税込み)

プレミアムモデルにはMediaPad M3専用カバーとAKG製イヤホンが付属。

MediaPad M3の特徴

スポンサーリンク

旭化成のオーディオチップを搭載

AK4376

DACには旭化成製のAK4376が採用されており、これまでのHuawei製品の中とは一味違いオーディオを意識した製品となっています。

Source:Huawei

Huawei通信の管理人です。

コメント