純白の美しい箱!「MateBook」の箱をレビュー、開封の儀もあります

スポンサーリンク
01

モバイルプリンスのファーウェイ王国ファンミーティングで当選したHuawei MateBookですが、なんとなく気分が高まってきたので久しぶりに箱メインのレビューを行います。

キーボードもセットになった大きめの箱

01

今回紹介するMateBookの箱は、本体に加えキーボードもセットになっているので箱が大きめです。

03

本体の箱とキーボードの箱が別れているので、二段の層状になっています。おそらく別々に購入した場合、2つの箱をまとめる帯の様な外箱は付いてこないでしょう。

MateBook Portfolio Keyboardの箱

20161224_122020

上に乗っかっていたMateBook Portfolio Keyboardの箱から見ていきます。

20161224_122024

右上には輝かしいHuaweiロゴが。

20161224_122046

最初の大きな箱にもあった筆記体調の”New style of bussiness”の文字が側面にもあります。

20161224_122213

開封するとキーボートとご対面。

20161224_122304

蓋の裏側には、キーボードの使い方がプリントされています。

MateBookの箱

DSC05120

続いてMateBookの箱も見ていきましょう。こちらはキーボードの2倍くらいの厚さ。表面にはintelとHuaweiのロゴ、そしてHUAWEI MateBookの文字があります。

DSC05128

側面には本体情報が張り付けられてます。このMateBookはintelのCore m3、RAM4GB、ストレージ128GB搭載モデル。

DSC05130

裏面には薄めのプリントが施されています。

DSC05136

開封するとディスプレイとご対面。この辺りはどのタブレットでも似たような感じですね。

DSC05133

MateBookの裏蓋には、付属品のケーブル類の使い方が書かれています。

DSC05140

本体を取り出した後。白い台座の上に本体は乗っかっていました。箱が美しいのでMateBookがなくてもまるでそこにあるかのようにイメージすることができますね。

DSC05152

付属品を取り出した後の箱です。箱の窪みにも魅力があります。

付属品など

DSC05153

付属品は、ACアダプタ 、 USB Type-C ケーブル、USB Type-C ‒ Micro-USB変換ケーブル、Micro-USB ‒ USB Type-A 変換アダプタ、説明書類となっています。
MateBookは端子がUSB Type-Cなので変換ケーブルが初めから沢山付いてくるのは嬉しいですね。

DSC05156

充電器と説明書、保証書。

純白の箱と付属品の充実が良い

以前紹介したMate Sの箱は黒っぽい紺色っぽいカラーをベースとしており落ち着いた印象がありましたが、MateBookは純白でウエディングドレスの様な美しさがありますね。

端子がUSB Type-Cで、拡張性に不安を抱いている方もいるかもしれませんが、変換ケーブル類も充実しておりスマホなどのUSB機器を接続するのであれば問題なくできるので、安心して使えるのではないでしょうか。

Huawei通信の管理人です。
スポンサーリンク

シェアする