美しすぎる最高のデザイン、「HUAWEI P9」の外観レビュー

スマホレビュー
Huawei P9

さて、先日入手したと報告したHUAWEI P9ですが、今回はその美しい外観をレビューしていきたいと思います。

HUAWEI P9の外観

スポンサーリンク

前面

Huawei P9

背面

Huawei P9

右側面

Huawei P9

電源ボタンは音量ボタンと違い表面に加工が施されており、例えポケットの中にあっても、音量ボタンと推し間違えることはありません。個人差はあるかもしれませんが、ボタンは最適な位置にあるので片手で持っていても操作がしやすく、Huaweiの心遣いが嬉しいですね。

左側面

Huawei P9

左側面上部には、SIM・MicroSDスロットが存在します。

カメラ部分

Huawei P9

管理人も発表され、画像を見た当初は「カメラ2つ!?」と少し懐疑的な部分がありました。
しかし、実機を見てみるとそんなことは全くなく、カメラやその縁取り、Leicaのロゴはガラスケースに飾られた宝石の様な美しさを放っています。恐らく、店頭で触ったとき、あなたはこの2つの目(カメラ)に魅入られてしまうことでしょう。

下部

Huawei P9

下部にはUSB Type-C端子とスピーカー、そしてオーディオジャックが、完璧な所に存在します。まだ、USB Type-Cの製品はそう多くはありませんが、両面気にせず扱えるので、従来のMicroUSBより遥かに利便性が高いです。

細かく計算され尽くしたハイクオリティボディ

Huawei P9

6.95mmという薄さではありますが、5.2インチでフラットなデザインのボディであることから「持ちやすさ」を懸念される方がいるかもしれません。ですが、そういった心配は杞憂に終わるでしょう。

2.5Dディスプレイや僅かにラウンドしたサイドフレーム、持った時に手に刺さらないエッジカットなど、すべてが計算されつくされたデザインで、持ちにくさを微塵も感じることはありませんでした。

美しさだけだけでなく、ユーザーの事も

HUAWEi P9は単純な見かけだけの美しさだけでなく、ユーザーが持った時の感触、まるで手と一体化し馴染んでいくかのような質感までも考慮したうえで作られたデザインで、最高のユーザービリティーをP9はもたらしてくれるでしょう。 

Huawei通信の管理人です。

コメント