1万円ちょっとの値段から買える格安タブレット「MediaPad T1 7.0 LTE」は買いなのか?

シェアする

スポンサーリンク
mediapad-t2-7-pdp1-jp-1

Huawei Japanは10月21日より一万円台で購入できる格安タブレット「MediaPad T1 7.0 LTE」の販売を開始しました。
最安値モデルは税抜き価格10980円とかなり低価格な製品になっています。

MediaPad T1 7.0 LTEのスペック

MediaPad T1 7.0 LTE (シルバー) MediaPad T1 7.0 LTE (ゴールド)
OS Android 6.0 (Marshmallow)/ Emotion UI 4.0
SoC SC9830I A7 クアッドコア 1.5GHz
ディスプレイ 約7inch(600×1024ドット)IPS screen
RAM+ROM 1GB RAM + 8GB ROM 2GB RAM + 16GB ROM
アウトカメラ 200万画素
インカメラ 200万画素
バッテリー 4100mAh
GPS GPS/A-GPS+GLONASS
ネットワーク(LTE) FDD LTE: B1/B3/B8/B19、TDD LTE: B41、UMTS: B1/B6/B8
ネットワーク(LTE) 加速度、MicroSIM
サイズ・重量 191.8×107×8.5mm、258g
価格(税抜き) 10980円 14980円

タブレットがどんなものか試してみたい人向け

このタブレットはそこまで性能が高くなく、今P9やhonor 8などのハイエンドスマートフォンを使っている方がタブレットの購入を考えるのであればMediaPad T2 7.0 Proやこれから発売されるかもしれないMediaPad M3を購入した方が値段こそ高くつきますが、後々良い結果になるでしょう。

このタブレットは、現在格安スマホデビューを果たした人がタブレットの入門として試しに購入するのに良いのではないかと思いますね。価格も安いので入手し易いのではないでしょうか?

またRAM1GBモデルか2GBモデルで悩まれるのであれば、2GBモデルを購入しておいたほうがスペックにも余裕が出るでしょうし、長いこと使える製品になりそうです。 

Source:Huawei

Huawei通信の管理人です。

スポンサーリンク

シェアする