「Huawei MediaPad M3」 シルバーの開封の儀&箱レビュー、保護フィルムも付属してお買い得感あり

スポンサーリンク
01

先日購入したHuaweiの2K液晶搭載のハイスペックAndroidタブレット「MediaPad M3」のWi-Fi 32GBモデルですが、今回は製品の開封の儀と箱のレビューを行います。

安定の外箱

01

まずは開封の儀から。Mate Sなどで使われていた黒箱とは違いこちらは白基調の箱になっています。

02

右下にはharman/kardonによって音質のチューニングがなされたことを示すロゴが記載されています。

05

こちらもMateBookの箱同様、つまみの部分がシールになっておりこれを剥がすことで箱を開けることができます。

06

開封すると端末と対面します。この形式は一般的ですね。

07

注意しておきたいのがここ。実はMediaPad M3、最安のWi-Fiモデルであっても液晶保護フィルムが付属しており、購入して追加でフィルムを買う必要がなくなっています。

08

本体の下には、説明書・保証書類やMicro SDスロットを開けるためのピン、その右側には充電器やMicro USBケーブルが隠されています。

箱はMateBookのものとかなり似た箱に仕上がっており、最高の開封体験を演出してくれます。
今回購入して一番驚いたのが、新品の保護フィルムが付属してきた点ですね。これまでケースが付属してくるスマホはP9 liteやMate Sを始めあったので驚かないのですが、ある意味タブレットなどのディスプレイのある端末を購入した際に最も必要な保護フィルムを購入しなくて良いのは嬉しい点であります。

LTE搭載のRAM4GB、ストレージ64GBの最上位モデルでは、保護フィルムに加えケースやAKGのイヤホンも付属するなど至れりつくせりの内容となっており、Amazonだと最下位モデルとの差額約1万円程度の4万円で購入可能なので、他に色々買うのが嫌な方は最上位モデルを狙うのもアリだと思います。

Huawei通信の管理人です。
スポンサーリンク

シェアする