Huawei端末は故障しても安心? ―Ascend Mate7やNexus 6P、P8Liteなどのバッテリー交換などの修理費を概算してみた

スポンサーリンク
修理

Huaweiの公式サイトには、修理費を概算できるページが有ります。今回はAscend Mate7などの一部端末を例に紹介していきたいと思います。

修理費を概算してみた

今回は割りと売れていそうな4機種をピックアップして紹介したいと思います。紹介したのはスマートフォンだけですが、MediaPad M2 8.0などのタブレットの修理費も計算できます。気になった方は是非調べてみてください。

※画像が小さい場合はクリック・タップしていただければ拡大します。

Ascend Mate7の場合

mate repair

修理項目 ディスプレイ交換  メイン基盤交換 カメラ交換 リアケース交換 全損交換
料金(税抜き) 19,700円 33,200円 9,000円 10,200円 53,700円

honor 6 Plusの場合

Honor6

修理項目 ディスプレイ交換  メイン基盤交換 カメラ交換 リアケース交換 全損交換
料金(税抜き) 16,200円 27,000円 9,000円 6,200円 47,700円

Huawei P8Liteの場合

P8Lite

修理項目 ディスプレイ交換  メイン基盤交換 カメラ交換 リアケース交換 全損交換
料金(税抜き) 11,300円 20,000円 7,000円 5,900円 26,700円

Nexus 6Pの場合

NExus

修理項目 ディスプレイ交換  メイン基盤交換 カメラ交換 リアケース交換 全損交換
料金(税抜き) 21,200円 46,500円 9,000円 6,000円 74,500円

4機種共通

修理項目 電池パック  ACアダプター USBケーブル イヤホン SIM/SDトレイ パスワード初期化
料金(税抜き) 7,000円 5,500円 4,600円 5,000円 4,700円 4,500円

修理は必ずしもおすすめではない

どの端末もディスプレイの交換や基盤交換などは1万円を超えており、機種によっては全損交換するくらいなら、新品を買って、お釣りが来るものもあります。 実際に修理に出すかどうかは、起こってから考えるべきでしょう。

全体的にAscend Mate7やNexus 6Pなどフラッグシップ級の端末の修理費が高額になっている一方、P8Liteのようにミッドレンジ端末に関しては、ディスプレイや全損交換の修理費なども抑えられているように感じました。

液晶を割った時、修理に出すかどうかは悩みどころですが、バッテリー交換はどの機種も7,000円と安めの値段設定となっており、1年使ってバッテリーがヘタってきたから修理に出すみたいなことをしても良さそうですね。

Source:Huawei

Huawei通信の管理人です。
スポンサーリンク

シェアする