「P10 lite」ではなく「HUAWEI nova 2」がキャリアから出て良かったと思う理由

Huawei nova 2 考察

auから初めて発売されることになったHuaweiスマホ「HUAWEI nova 2 HWV31」。コストを安く済ませるならUQ mobileなどからも販売されていてau VoLTEにも対応している「HUAWEI P10 lite」でもよかったのかもしれませんが、今回新たにnova 2が出て良かった点を幾つかまとめて行きたいと思います。

スポンサーリンク

やっぱり目新しい!

Huawei nova 2
やっぱりHuaweiのファンとしては新しいスマホが出ることは嬉しですね。nova 2に関しては発売された当初からデザインを気に入っていて情報を追っていたので、今回国内で出ることになって尚更です。話題の面でもP10 liteをそのまま持ってくるより新しいnova 2を持ってきたほうが注目もされるので良いポイントです。

デュアルカメラ搭載!!

huawei nova 2
モノクロとカラーの組み合わせでこそありませんが、広角と望遠レンズというデュアルカメラの構成。P9やP10、Mateシリーズが国内でも販売され一般に「Leicaとコラボしてるメーカー」「デュアルカメラのメーカー」として知られていることも多く、キャリア向けにデュアルカメラのスマホを投入することでよりイメージが定着しやすいかもしれませんね。

RAM4GB&ストレージ64GB搭載

nova 2
P10 liteはRAM3GB、ストレージ32GBでしたがnova 2はRAM4GB&ストレージ64GB搭載、SoCに関してもKirin658→659となるなど性能が強化されています。

価格も32,400円とお手頃

nova 2
本体価格が32,400円と約2万5000円で販売されているP10 liteと価格差がそこまで大きくないのもポイント。

今後につながっていくのか?

国内のSIMフリースマートフォン市場では一定のシェアを確保できたとも言えるHuawei。デュアルカメラなどHuaweiらしさをもったミッドレンジスマホで、どこまで戦えるのかかなり楽しみですね。

Source:Huawei | au

Huawei通信の管理人です。

コメント