価格2万円前半のMediaPad T2 10.0 ProとQua tab 02どっちを買えばいいの?

考察
Quatab

6月末より発売が開始した「MediaPad T2 10.0 Pro」ですが、Huaweiは実は似たようなスペックの「Qua tab 02」というタブレットをauから発売しています。ここでは両機種のスペックや値段の違いから、どちらを購入すべきか見ていきます。

スペックの違い

スペック

MediaPad T2 10.0 Pro Qua tab 02
OS Android™ 5.1 / Emotion UI 3.1 Android™ 5.1
SoC Snapdragon 615 MSM8939 Octa-core 64-bit
ディスプレイ 10.1inch( 1920 x 1200ドット) IPS screen
RAM 2GB
内部ストレージ 16GB
アウトカメラ/インカメラ 800万画素/200万画素
バッテリー 6,660mAh 6,500mAh
センサー GPS、環境光、加速度 GPS、照度センサー、加速度センサー
ネットワーク Wi-Fi: IEEE 802.11a/b/g/n/ac,2.4&5GHz 準拠 4G LTE/ WiMAX 2+/ Wi-Fi :IEEE802.11a/b/g/n/ac
カラー ホワイト・ブラック エアリブルー、パウダーホワイト、チャコールブラック
その他 ステレオスピーカー

両機種に大きなスペック差はありませんが、MediaPadの方が僅かにバッテリーが大きいですね。ポイントとしてはQua tabはauの回線が利用できるのでSIMカードを挿せば、外でもネットが使えることと、カラーバリエーションがQua tabにブルーがあることくらいです。

OSの所で差異が見受けられますが、Qua tabもEMUIをベースにしているので操作感に違いはほとんどないでしょう。

両機種の特徴

スポンサーリンク

IPSと液晶搭載

タブレット

フルHDのIPS液晶を搭載しており、画面はかなり美しかったです。Kindleなどで電子書籍を見開きで読むこともできますし、動画見放題のサービスを使うのにも適していました。

ステレオスピーカー搭載

スピーカー

ステレオスピーカーを搭載しており、そこそこ迫力のあるいい音を鳴らしてくれます。2万円前半の価格と考えると十分すぎるくらいのサウンドだと思います。

MediaPadのみ画面分割に対応?

画面分割

サイトの説明欄を見ていると、MediaPadの方には画面分割に対応している旨が書かれていますが、Qua tabの方にはそのような記載がありません。筆者自信Qua tab使用時に画面分割の機能があったことが記憶にないので、MediaPadのみの機能かもしれません。

予算と用途が大きなポイント

両機種の大きな差は、モバイルデータ通信回線を使うかどうかによって変わってくるでしょう。データ通信が必要ならQua tab、Wi-Fi環境のみで使うならMediaPadを選ぶと良いでしょう。

Qua tab 02をしばらく使っていた筆者の感想になりますが、このタブレットにauの一括支払いの価格である37,800円も出すのは正直な所あまりオススメしません。
しかし、MediaPad T2 10.0 ProはAmazonなどで価格が23,516円とかなり手の届き易い値段になっています。2万円前半であれば、コストパフォーマンスも高いですし、安く良いタブレットを入手する上でベストな機種になってくると思いますね。

Source:Huawei 1 | Huawei 2 | KDDI

Huawei通信の管理人です。

コメント