美しいファブレット?タブレット?「Huawei P8max」を見てきた

スポンサーリンク
IMAG0499

美しいファブレット?タブレット?「Huawei P8max」を見てきたのでどんな端末だったか紹介したいと思います

実機の写真

前面

IMAG0499

前面はスピーカー、カメラやHuaweiのろごがあります。
液晶サイズは6.8インチとタブレット並の大きさですが、ベゼルが狭く、筆者の手だと片手で持つことができました。

背面

IMAG0501

背面はアルミとガラスの組み合わせで品質が高く、上手にゴールドとホワイトの調和が取れていました。

側面

IMAG0504

右側面には音量ボタン、電源ボタン、SIM・MicroSDスロットが存在します。

IMAG0507

左側面にはスロット類はなく、非常にすっきりしています。
側面とは関係ありませんが、P8maxに搭載されているフルHDのIPS-NEO液晶の視野角広さが確認できます。

上部

IMAG0508

上部には、イヤホンジャックとMicroUSB端子があります。一見すると、ケーブル類の取り回しが悪いように思えますが、端子が上部と下部又は側面に分かれている端末と比べてまとまっているので、扱いやすく感じました。

下部

IMAG0506_edited

下部にはスピーカーがあります。

まとめ

軽く触った感想としては、サイズの近いXperia Z UltraやNexus 7からの乗り換え対象として最適な端末のように感じました。
ディスプレイは6.8インチとかなり大型ですが、ベゼル狭く厚さが6.8mmと薄いので、端末にタブレットのような野暮ったさがなく、いい感じのファブレットになっていました。

惜しむらくはその価格の高さですが、発売当初に税込みで6万円を超えていた価格は、ビックカメラ価格comの最安値)では税込みで53,000円程度になっており、以前よりもお求め安くなっています。気になった方はおひとついかがでしょうか?

Huawei通信の管理人です。
スポンサーリンク

シェアする