ワイモバイルのSIMスターターキットを利用して月額980円運用をしてみた

スポンサーリンク
IMG_1044

現在AmazonではワイモバイルのSIMスターターキットが販売中で、IIJmioやOCNの様にSIMパッケージを購入することでドコモ系MVNO同様、ワイモバイルもインターネットでSIM契約をすることが可能になっています。

今回はNexus 6P用にデータSIM契約をしてみたのでその方法とメリットをまとめてみます。 

Amazonなどで購入してアクティベーションするだけ

IMG_1044

まずAmazonやYahooショッピングなどでSIMスターターキットを購入します。Amazonであればnano SIMは1,846円、Micro SIMは991円とYahooショッピングの3000円より安く購入することができます。
パッケージ内にはSIMカード本体が含まれています。

パッケージが到着したら申込み専用サイトにアクセスし、ページの表示どおりにSIMカードの番号を入力します。

31

入力が終わったらプラン選択に移るのでデータSIMまたは音声SIMを選択し、ページの案内に沿って契約を進めます。開通するのは10:00-18:00の間のようです。

音声SIMを契約した場合プランによって10,000円または15,000円のキャッシュバックを受けることが可能ですが、24ヶ月以内に解約した場合、SIMの契約解除料9500円(税抜き)+キャッシュバックの分の契約解除料が発生するので注意が必要です。(Amazonで購入するとAmazonギフト券で、Yahooショッピングだと郵便為替証書で翌々月末キャッシュバック)

データSIMは縛りがないのもGood!

47

実はデータSIM契約、音声契約とは違い2年縛りや最低利用期間といったものは無くいつでも解約することが可能になっています。更にYahooプレミアム会員だと月500円で維持可能になっており、サブ機に挿すにはもってこいなSIMになっています。

金額で見ると使えるデータ量が少なく、ドコモやauのMVNOと比較するとコスパが悪く見えますがワイモバイルは回線速度が安定して速いのでそのメリットを享受できるとするならそこまで高くはない気もしますね。

Huawei通信の管理人です。
スポンサーリンク

シェアする