MVNO専売、フルHD液晶搭載ながらも2万円以下「HUAWEI nova lite」が2月24日より販売開始

ニュース
2017-02-21 (2)

本日2月21日、Huawei JapanよりSnapdragon625を搭載した「HUAWEI nova」の国内投入がアナウンスされましたが、その廉価モデルとなる「HUAWEI nova lite」も販売されることとなりました。

 楽天モバイルであれば税抜19,800円という価格で購入可能になっています。

HUAWEI nova liteのスペック

OS Android™ 7.0 Nougat / Emotion UI 5.0
CPU Huawei Kirin655 オクタコア(4×2.1GHz+4×1.7GHz)
RAM 3GB
ROM(内部ストレージ) 16GB
ディスプレイ 5.2インチ, FHD(1920×1080ドット), IPS
アウトカメラ 1200万画素
インカメラ 800万画素 / ソフトライトLED
バッテリー容量 3000mAh
サイズ・重量 147.2 x 72.94 x 7.6mm、147g
カラー ホワイト、ブラック、ゴールド
LTE対応Band B1/3/5/7/8/19/28、TDD-LTE: B40
その他 Nano SIM x 2、加速度, コンパス, 環境光, 近接, 指紋センサー

安いしデザインもスペックも良い

2017-02-21 (3)

税抜価格2万円以下と低価格でありながら、honor 8のようにガラスパネルを採用したクオリティの高いデザイン、性能面でもRAM3GBやP9 liteと同番台のものを使うなど、日常使いとしては十分なものになっています。 novaとは違いソフトウェアは最新のAndroid 7.0であることもポイントです。

P9 liteが安くなってスペックアップ?

HUAWEI nova lite、一見するとその名前からただnovaの廉価モデルであるように見えます。確かにそうではあるのですが、実はこの製品P9 liteのスペックアップモデルとも見えます。
SoCはKirin655とP9 liteよりも少しクロックアップしたものを採用、更に2GBだったRAMが3GBになっています。

MVNO専売ということもあり、量販店で実機が置かれるのかは不明ですが、P9 liteを購入予定ならnova liteもチェックしておいて損は無いでしょう。

Huawei通信の管理人です。

コメント