HUAWEI FITにアップデートで睡眠モニタリング技術が追加!

スポンサーリンク
fit_view_0_0_0

Huaweiは4月14日、現在国内で販売中のHUAWEI FITに対するソフトウェア・アップデートを4月15日より開始すると発表しました。なおiOSのアプリを使用しているユーザーは3月24日時点よりすでにアップデート済みとなっているそうです。

アップデート方法と使用方法

  • まずHUAWEI WearやHUAWEI Healthのアプリをアップデート
  • AndroidもしくはiOS端末にて、HUAWEI Wear アプリ→デバイス管理→ご自身のHUAWEI FITを選択→画面スクロールして下部にある、ファームウェア更新をタップし、画面の指示に従い、『HUAWEI FIT』を更新
  • その後TruSleep機能をONにし、睡眠時に着用で使用できます。

睡眠モニタリング技術「HUAWEI TruSleep」とは

①具体的な睡眠構造図:
入眠・目が覚めた時間、浅い眠り、深い眠り、REM(レム睡眠)を含みます。
またひと晩の浅い眠り、深い眠り、急速な眼球運動時間の統計を取ることができます。

②睡眠の評価:
睡眠の質を評価します。睡眠構造の様々なパラメータを総合して算出しており、全睡眠時間、各睡眠周期の比率など、睡眠点数の重要なデータとなります。

③睡眠のアドバイス:
ひと晩の睡眠構造、睡眠時の呼吸の状態に基づき、睡眠に関して改善が必要な習慣や心理的、生理的、環境的要素が睡眠の質に及ぼす影響などについて、ハーバードメディカルスクールCDBセンター監修に基づいたピンポイントのアドバイスを提示することで、睡眠を調整し、改善するようサポートします。

「HUAWEI TruSleep」はハーバードメディカルスクールCDBセンターの認証試験に合格した睡眠モニタリング技術で、CDBセンターが発表したCardio Pulmonary Coupling=心肺結合のコンセプト(以下略称:CPC)という技術を応用した機能になっており、かなり睡眠ログの採取に力の入った技術と言えそうです。

FITユーザーは是非試してみては如何でしょうか?

Source:Huawei

Huawei通信の管理人です。
スポンサーリンク

シェアする