Huawei、6.6インチ2Kディスプレイを搭載した「Honor NOTE 8」を発表! ―価格約35,000円から

スポンサーリンク
Honor Note 8

Huaweiは8月1日、6.6インチ2Kディスプレイを搭載したハイスペックファブレット「Honor NOTE 8」を発表しました。価格は2,299元(約35,000円)からとなっています。

Honor NOTE 8のスペック

OS Android 6.0 Marshmallow / Emotion UI 4.1
CPU Hisilicon Kirin 955 オクタコア
RAM 4GB
ROM(内部ストレージ) 32, 64, 128GB
ディスプレイ 6.6インチ、解像度: WQHD(2K) 2560×1440, AMOLED
アウトカメラ 1300万画素
インカメラ 800万画素
バッテリー容量 4,500mAh
サイズ・重量 178.8mm×90.9mm×7.18mm、219g
カラー 铂光金、冰河银
LTE対応Band FDD-LTE:B1/B3/B7、TDD-LTE:B38/B39/B40/B41
その他 Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac、MicroSD、Bluetoorh4.2 with BLE、
指紋認証

価格は、32GBモデルが2,299元(約35,393円)、64GBモデルが2,499元(約38,472円)、128GBモデルが2,799元(約43,090円)となっており、SoCにKirin955、RAMは4GBとハイスペックにも関わらずかなりリーズナブルな値段設定になっています。

Honor NOTE 8の特徴

6.6インチ2Kディスプレイを搭載

Honor Note 8

Honor NOTE 8は、6.6インチサイズで有機ELの2Kディスプレイを搭載しています。画面サイズとしては昨年発売されたP8maxや、Xperia Z Ultraに近いサイズ感で、このスマートフォンとタブレットの中間の様なサイズの端末を求めていた人にとっては渡りに船ではないでしょうか。

4,500mAhの大容量バッテリー

Honor Note 8

バッテリーにはP8maxを上回る4,500mAhのバッテリーを採用し、かなり長時間のバッテリー持ちが期待されます。

スペック的にも2016年のHuaweiのフラッグシップといえるファブレットに仕上がっており、P8maxの後釜になるような端末です。Honorシリーズは、「honor 6Plus」が国内で販売されたきり、登場していないので国内での販売は望み薄ですが、是非ともローカライズして発売して欲しい製品です。

Source:Vmall

Huawei通信の管理人です。
スポンサーリンク

シェアする