Mate 10 ProのPCモードが使える「USB Type-C to HDMIハブ」を検証、おすすめの条件を紹介

CHOETECH Tips

HUAWEI Mate 10 Proはディスプレイと接続するとPCモードを利用することができます。この機能は専用のドックなどを利用せずとも、市販の「USB Type-C to HDMIハブ」で使えるのですが、どういったもので使えたか又おすすめは何かのか紹介したいと思います。

スポンサーリンク

使えたUSB Type-C to HDMIハブ

NOVOO USB-Cハブ

novoo
まず利用可能だったのがMateBookやMacBookなどUSB Type-C搭載PCにも対応しているNOVOOのUSB-Cハブ。こちらはUSB3.0のポートを2つ装備する他HDMI,MicroSD、SDカードにも対応しています。USBポートを利用すれば、USBマウスを使用することもできます。

CHOETECHのUSB Cハブ

CHOETECH
筆者の持っているものは旧モデルに当たるのですがCHOETECHのUSB CハブでもPCモードは使えます。こちらはUSB3.0とHDMIだけと端子類が少々寂しいのですが、USB Type−Cポートもついているので充電器に接続しながら利用することもできます。

買う時に見るべきポイント

  • あまり使わないなら:MicroSDやUSBポートが複数ついているもの
  • 頻繁&長時間使うなら:USB Type-Cで給電可能なもの

使用する状況によって変わってきますが。あまり頻繁に使用せずお試し程度であったりするなら、MicroSDやUSBポートが複数ついているハブがおすすめ。Mate 10 Proで使わなくてもパソコンなどで豊富な端子が生きてくると思います。

一方かなり頻回に使うのであったり、長時間使うなら給電できるUSB Type-Cポートが付いたものがおすすめ。これを利用すれば充電切れの心配なくPCモードの使用が可能。

折角Mate 10シリーズに搭載されている便利機能なので自分にあったUSB Type-C to HDMIハブを選んで利用してみてはいかがでしょうか?

Huawei通信の管理人です。

コメント