5.5インチ有機EL・デュアルエッジディスプレイ搭載の「HUAWEI Mate 9 Pro」発表

シェアする

スポンサーリンク
Mate 9 pro

Huaweiは先日ドイツで発表した「PORSCHE DESIGN Mate 9」のポルシェロゴなしモデルとなる「HUAWEI Mate 9 Pro」を発表しました。

PORSCHE DESIGNモデル同様に、5.5インチのデュアルエッジディスプレイを搭載し指紋センサーは前面に位置しています。RAMは4GBモデルと6GBモデルの2構成となっています。

スペック

OS Android 7.0 Nougat / EMUI 5.0
CPU Kirin 960, Octa-core CPU (4 x 2.4 GHz A73+ 4 x 1.8 GHz A53) + i6 co-processor, Mali-G71 MP8
RAM 4/6GB
ROM(内部ストレージ) 64GB/128GB
ディスプレイ 5.5″ Curved AMOLED DisplayWQHD (2560 x 1440)
アウトカメラ 1200万画素(カラー)、2000万画素(モノクロ)、光学式手ぶれ補正、PDAF+CAF+Laser+Depth auto focus
インカメラ 800万画素
バッテリー容量 4,000mAh
サイズ・重量 152x75x7.5mm、160g
カラー 琥珀金、银钻灰、玫瑰金
LTE対応Band FDD-LTE:Band1/2/3/4/5/7/8/9/12/17/18/19/20/26/28/29
TDD-LTE: Band38/39/40/41(100M)
その他 802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.2

RAM4GB/ストレージ64GBとRAM6GB/ストレージ128GBの2モデル構成となっている他、カラーはゴールド、ブラック、ローズゴールドと3色になっています。
価格は、RAM4GBモデルが4699元(約75,000円)、RAM6GBモデルは5299元(約84,000円)となっています。


Mate 9 Proの特徴

デュアルエッジディスプレイ

sdw3_iphone

5.5インチの2K解像度の有機EL、デュアルエッジディスプレイを搭載しています。デュアルエッジディスプレイとなったことで筐体の幅も狭まるので、数値以上に持ちやすさを感じるものと思われます。

SoCにKirin960搭載

Kirin960

SoCには最新のKirin960を搭載し、CPUだけでなくGPU面に関してもかなりの動作速度向上が期待できます。

光学手ぶれ補正&デュアルカメラ搭載

Kirin960

背面カメラはモノクロ2000万画素とカラー1200万画素のセンサーの組み合わせで、P9から引き続きLeicaの協力が入っています。光学手ぶれ補正にも対応したことで、更に安定した撮影を行うことが出来ると思われます。

指紋センサー前面に

Kirin960

これまでのMateシリーズやMate 9では背面に指紋センサーがありましたが、PORSCHEモデルやMate 9 Proでは前面に位置が変わっています。

Source:Huawei

Huawei通信の管理人です。

スポンサーリンク

シェアする