Huawei Japan、Snapdragon435搭載の8インチタブレット「MediaPad M3 Lite」を発表!8月25日より販売開始

mediapad m3 lite ニュース

mediapad m3 lite
Huawei JapanはSnapdragon435搭載の8インチタブレット「MediaPad M3 Lite」を発表し、本日より予約受け付け開始、8月25日発売予定となっています。

スポンサーリンク

MediaPad M3 Liteのスペック

OS Android 7.0 Nougat / Emotion UI 5.1
CPU Qualcomm® MSM8940(Snapdragon™ 435) オクタコアA53
RAM 3GB
ストレージ 32GB
ディスプレイ 約8.0インチ,WUXGA(1920×1200),IPS
アウトカメラ 800万画素
インカメラ 800万画素
バッテリー容量 4,800mAh
サイズ・重量 213.3 x 123.3 x 7.5mm 、310g
カラー スペースグレイ
LTE対応モデル FDD-LTE : Band 1/3/5/7/8/18/19/20/26,
TDD-LTE : Band 38/40/41
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac 準拠 (2.4 / 5GHz)、Bluetooth4.2
その他 ACアダプタ / USBケーブル / クイックスタートガイド

価格

Wi-Fiモデル 26,978円(税込)
LTEモデル 32,184円(税込)

HuaweiオンラインストアでのMediaPad M3 Liteの価格は上記の通り。上位モデルになるMediaPad M3 Wi-Fiモデルが34,538円(税込)であることを考えると妥当な値段設定かもしれませんが、同じ製品がAmazonで27,797円であることを考えると少し割高感であることは否めません。
もしかしたら発売が始まったら各所で値段が下がって販売されるかもしれませんね。

MediaPad M3 Liteの特徴

ステレオスピーカー搭載

MediaPad M3 lite
M3にも搭載されていましたが、M3 Liteにもステレオスピーカーを搭載しており迫力のあるサウンドが楽しめます。

指紋認証搭載

MediaPad M3 Lite
2017年に発売されたM3やP10でもおなじみの指紋センサーがあり、六区解除だけでなく戻るキーやタスクキーも兼ねています。

4,800mAhのバッテリーを搭載

MediaPad M3 lite
M3は5,100mAhのものになっていましたが、M3 Liteは4800mAhのバッテリーです。少なくはありますが液晶の解像度がフルHDになっていることやSnapdragon435と性能が落ちていることを考えると、バッテリーの持ちは期待できるかもしれません。

Source:Huawei

Huawei通信の管理人です。

コメント