Huawei、約4.5万円で5.84インチディスプレイや旭化成のDACを搭載の「Honor 10」を発表

Honor 10 ニュース

Huaweiは中国にて、Kirin970やノッチ付きのディスプレイを搭載したハイエンドスマートフォン「Honor 10」を発表しました。

スポンサーリンク

Honor 10のスペック

OS Android 8.1 + EMUI 8.1
CPU HiSilicon Kirin 970
RAM 4/6GB
ストレージ 64/128GB
ディスプレイ 5.84インチ、解像度:2280×1080 FHD+ IPS
アウトカメラ 1600万画素(カラー)+2400万画素(モノクロ)
インカメラ 2400万画素(F/2.0)
バッテリー容量 3320mAh
サイズ・重量 149.6 × 71.2 ×7.7mm、153g
カラー 幻影紫, 海鸥灰, 幻夜黑, 幻影蓝
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac 準拠
その他 指紋認証

Honro 10の特徴

カラバリは4色

Honor 10
カラーバリエーションはHonor 9でもみたシルバーやブラックに加え、オーロラや虹の様なブルーや紫のカラーのものも登場しています。

5.84インチノッチありディスプレイ

Honor 10
5.84インチのフルHD+解像度のノッチありディスプレイを搭載。P20シリーズにも搭載されていましたが、Honor 10もそれに倣ってノッチありディスプレイが採用されています。
指紋認証は前面に搭載されています。

メインカメラは性能アップ

Honor 10
Honor 9では1200万画素カラーセンサー + 2000万画素モノクロセンサーの組み合わせでしたが、Honor 10ではカラーの1600万画素とモノクロの2400万画素の組み合わせに。Kirin970を搭載したことでAIによる撮影力のアップも見どころです。

旭化成のAK4376Aを搭載

Honor 10
イヤホンジャックが廃止されたP20とは異なり、Honor 10ではイヤホンジャックは存続しています。更に旭化成製のDAC「AK4376」も積んでおり、高音質なオーディオ再生が期待できます。

価格は4.5万円から

Honor 10
価格は6GB/64GBモデルが2599元(約44,487円)で、6GB/128GBモデルが(約51,334円)となっており、P20の値段を考えるとかなり高コストパフォーマンスモデルになっています。

最近の流れで行けば、秋には投入されるはずなので楽しみにしたいですね。

Source:Huawei

Huawei通信の管理人です。

コメント