約8.5万円から、14インチサイズの第8世代Core iシリーズ搭載ノートPC「Honor MagicBook」を発表

Honor MagicBook ニュース

HuaweiはHonor 10の発表に合わせて、Honorブランドの新たなノートPCシリーズとなる「Honor MagicBook」を発表しました。

スポンサーリンク

MagicBookのスペック

OS AnWindows 10 家庭版 64bit
CPU Core i5-8200U/Core i7-8550U
RAM 8GB
ストレージ 256GB
ディスプレイ 14インチ、解像度:1920×1080
グラフィック Intel® UHD Graphics 620/NVIDIA® GeForce® MX150
インカメラ 100万画素
バッテリー容量 57.4Wh
サイズ 323 × 221 × 15.8mm、1.47kg
カラー 星空灰, 冰河银
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac 準拠
その他 指紋認証

価格

Honor magicBook
Core i5モデルが4999元(約85,627円)、Core i7モデルが5699元(約97,617円)となっており、Honorの出す製品としては少し高額な部類に入るとは思いますが、それでも高いコストパフォーマンスになっていると思います。

Honor MagicBookの特徴

14インチサイズでも持ち運べる

Honor MagicBook
MateBook XやX Proの様に変わったアスペクト比のディスプレイではなく、16:9のフルHDディスプレイを搭載。

ディスプレイは14インチサイズですが、重さは1.47kgまでに留められており十分持ち運びできるレベルです

NVIDIA GeForce MX150搭載!

Honor MagicBook
NVIDIA GeForce MX150というグラフィックボードを搭載。ゲーミングPCほど高性能ではありませんが、独立したグラフィックボードを持っているので少々重い作業もこなせそうですね。

指紋認証は勿論!

Honor MagicBook
指紋認証は電源ボタン部分にあり、MateBookシリーズ同様素早いロック解除が可能になっています。

コスパ高めでかなり気になる

MateBookシリーズとはまた異なるコンセプトの製品になっており、コストパフォーマンスは高め。

国内販売はMateBookシリーズがあるのでどうなるか全くわかりませんが、輸入してもおもしろそうだなと思えるくらいの製品に仕上がっていますね。

Source:Vmall

Huawei通信の管理人です。

コメント