左右独立型BluetoothイヤホンYEVO 1とBeoPlay E8を使ってみて、NFMI対応を過信しては駄目という話

BeoPlay E8 アクセサリーレビュー

「NFMI対応しているかどうかが大事」

という話は左右独立型Bluetoothイヤホンを買うときによく出てくる話題ではありますが、NFMI対応を謳うYEVO 1とBeoPlay E8を使ってみて、果たしてそうなのかな?と感じるところがあったので紹介します。

スポンサーリンク

YEVO 1もしかして微妙?

YEVO 1
YEVO 1以外と左右の接続が時偶途切れます。切れてもすぐに復活しますし、普段のリスニングに影響を与えるほどではありませんでした。

左右の接続が途切れるというのが微妙な所で、安定して接続しているときはだいたい問題無いのですが、使い始めや歩行中に途切れるタイミングがあります。基本的にはすぐ復帰はするので気にはしていませんでした。

B&O Beoplay E8レビュー。NFMI対応で途切れ無し、音質・遮音性重視なら買い
デンマークのオーディオブランド「バング・アンド・オルフセン」のモバイル向けブランド「B&O Play」…

しかし、最近読んだBeoPlay E8のレビューを見たところ、BeoPlay E8は全く途切れないという記述を発見。本当に全く切れないか気になったので、とりあえずBeoPlay E8を購入して比較して見ることにしました。

BeoPlay e8は安定そのもの

BeoPlay E8
結論から先に述べると、BeoPlay E8全く途切れません。YEVO 1は少し耳から外すと左右が途切れる(再生停止ではない)のに対し、10-20cm程度離してもつながっています。数日使ってみましたがほんとに途切れる気配もありませんでした。

E8はYEVO 1で途切れていたタイミングで問題なく、両方使ってみた筆者の感覚ですがYEVO 1は接続部の少し出力が弱めな印象で、途切れが発生している様に感じました。

NFMIはあくまで基準

YEVO 1もNFMI非対応の機種よりは安定していますが、E8と比べるとやはり差がありました。

NFMI対応は安定した接続のための基準にはなりうりますが、製品によって差は出て来るので、購入する際は実際に店頭に行ってみって試してみたり、レビューなどを読んで検討してみることをおすすめします。

Huawei通信の管理人です。

コメント