Huawei Japan、15.6インチノートPC「MateBook D」を国内発表!9月8日よりAmazonで販売開始

スポンサーリンク

MateBook DHuawei Japanは9月8日、15.6インチノートPC「MateBook D」を国内発表しました。また9月8日よりAmazonで販売開始することも発表しています。

MateBook Dのスペック

OS Windows 10 Home
CPU インテル(R) Core i7 7500U
RAM 8GB
ストレージ 1TB
ディスプレイ 15.6インチ/1920×1080
グラフィック NVIDIA GeForce 940MX GPU (2GB GDDR5ビデオメモリ)
バッテリー容量 43.3Wh
サイズ・重量 40 x 28.8 x 6.3 cm、1.9kg
カラー スペースグレイ
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac

CPUにはCore i7 7500U、RAM8GB、ストレージ1TBとホームユースとしては十分な性能を備えています。但しキーボードは英語配列な点に注意が必要です。

価格は107,978円となっており、200台限定で1万円引きのキャンペーンが行われています。

MateBook Dの特徴

大画面ながらコンパクト

MateBook D
MateBook X等と同様に15.6インチと大画面を搭載しながらも厚さは16.9mm、ベゼル幅は6.2mmまで絞られており画面占有率は83%になっており、14インチのノートPCくらいのサイズ感になっています。

NVIDIA GeForce 940MX GPU搭載

MateBook D
NVIDIA GeForce 940MXというGPUを別途搭載しており、グラフィック性能も強化。CPUの性能を補い高いパフォーマンスを出すために工夫がされています。

12インチノートPCのMateBook Xや2-in-1タブレットPCのMateBook Eとは異なり、少し重量があるためモバイル用途よりもホームユースがメインになりそうなノートPCですね。家族全員の共用PCや基本屋内での利用がメインでたまに外で使う人に向いてそうな製品ではないかと思います。

Huawei通信の管理人です。
スポンサーリンク

シェアする