【レビュー】「iPhone 7」との外観比較で「HUAWEI P10」良さを探ってみる

スポンサーリンク

HUAWEI p10
先日「HUAWEI P10」を購入したと報告しましたが、ちょうど「iPhone 7」と比較する機会があったので今回は外観比較を行ってみたいと思います。

前面は割りと違う

HUAWEI P10
前面は一目見て違う機種とわかる程、似ていないと思います。ホームボタンがあるデザインは両機種とも同じですが、iPhone 7は完全な円形、P10は楕円形になっています。
HUAWEI P10
スピーカーやインカメラの処理も異なっており、HUAWEI P10は横に短く小さくまとめられています。

アンテナの処理はかなり似ている

HUAWEI P10
結構似ているのが背面にあるアンテナ部分の処理の仕方で、P10もiPhone 7もコの字型のデザインになっています。結局のところデザインや使い勝手の都合上、Dラインにするかこういった処理にせざるを得ないのかもしれません。

サイズはP10の方が大きめ

HUAWEI P10
P10の方が大きめのディスプレイを搭載しているため、サイズは僅かに大きめになっています。ただ薄さはiPhone 7が7.1mm、P10が6.98mmとなっており、両機種とも非常に薄くなっているので持ちやすいですね。画面サイズからくるサイズ感で持ちやすさに違いがあるかなと思ったのですが、ほとんど違和感なくこのあたりはP10のいいところかもしれません。

横幅はiPhoneが67.1mm、P10が69.3mmと2.2mmしか変わらず、ぱっと見た感じどちらも同じ幅に見えました。

側面

Huawei p10 iPhone 7
右側面にiPhone 7は電源ボタンとSIMスロット、P10は電源ボタンと音量ボタンが
HUAWEI P10 iPhone
左側面にはiPhoneがミュートスイッチと音量ボタン、P10はSIMスロットがあります。

iPhoneと違いP10は音量ボタンが電源ボタンと並んでいるので押し間違いを気にする方がおられるかもしれませんが、電源ボタンの周りが赤く加工されている他、表面もザラザラとしており視覚触覚両方で押し間違いが防げる様になっています。

結構工夫されている

P10が発表された当初は、P9からデザインのアクセントであったエッジカットをなくされ、のっぺりした感じがあまり好きではありませんでした。
しかし、こうしてiPhoneと並べてみると、画面が大きいながらも薄さを削ったり、ベゼルを細くすることで持ちやすさを向上させるなど様々なアイデアが散りばめられており、意外と気にいってきたので記事としてまとめてみました。

Huawei通信の管理人です。